グローバル教育に効果があるものは何?子どもの可能性を最大限に引き出そう

間違えてはいけない、英語教育

グローバル教育をする上での注意点

親が、子どもにより良い教育やたくさんの経験を積んでほしいと願い、習い事やスクールに通わせることがあります。
そのこと自体に問題はありませんが、親として子どもの学びを選択をする際に、気を付けなければならない点があります。
それは、日本でのみ良いとされているものではないかどうか、ということです。
将来の安泰を…と、有名塾に通わせ、日本トップの大学へ行くことが目標の教育は、必ずしも、人生で成功することには繋がりません。
これからは、世界と繋がり、仕事をするのが当たり前の時代となります。
英語がただ話せるだけではなく、異なる価値観の人とコミュニケーションを取る力や、自国の文化と異文化どちらもの理解が求められてきます。
それを我々大人が、念頭において教育や子育てと向き合っていけると良いでしょう。

変化する英語教育と求められる英語力とは

日本でも既に、外国人を雇用している企業がたくさん存在します。
その背景には、やはりグローバル化があり、ここ数年は、積極的に外国人採用する企業も増えてきました。
理由としては、企業自体が活動範囲を世界に向けることで、大きなビジネスチャンスを掴むことができるようになるからです。
世界で仕事をするのに欠かせない存在となるのが、外国人の英語力です。
日本の英語教育は、残念ながら時間も内容も足りていないのが本音です。
しかし、今後は、日本人も外国人と同様に、普段から英語を話す機会や環境が増えてくると、英語ができるようになる人が増えてきます。
そうすると、英語が話せることが当たり前になります。
社会で本格的に必要とされるのは、英語ができるだけではなく、世界中の取引先などと英語でコミュニケーションを取るのが上手い人となってくるでしょう。


シェア
TOPへ戻る