グローバル教育に効果があるものは何?子どもの可能性を最大限に引き出そう

これから必要なのは、英語?受験?グローバル?

子どもを国際的に活躍できる大人にしたい訳

子どもにグローバル教育を検討している家庭の多くは、親自身が英語が苦手で異文化の人とコミュニケーションがうまく取れないという方が多いようです。
また、一昔前は、日本にいるから英語ができなくても…という考えも多くありましたが、グローバル社会、IT社会が急速に進むこの時代に、日本人としかコミュニケーションが取れないことは、かなりの閉塞的な世界に身を置くことになりかねません。
そのため、これからの時代を見据えて、子どもにグローバル教育をと思う方が増えているのは自然なことです。
グローバル教育を取り入れる中で、これからの時代、英語ができなくては困る!と焦って強要するのではなく、親自身も地球の一市民として、どんな日本や世界になってほしいか、自分はどうありたいかなど未来の社会を一緒に考えたり、子どもの視野が、世界へ向けられるような環境づくりが親として重要な役割となるでしょう。

グローバル教育に効果的な教育方法と手段

グローバル教育が良いとは言え、何から始めたらよいか、自分にはできるのかなど不安や悩みがあると思います。
そこで、どんなことがグローバル教育になるのか、効果があるのかなどを見ていきましょう。
グローバル教育を取り入れるためには、世界に通用する素養が必要となります。
まず、英語で異文化コミュニケーションする力を身に付けることです。
日本で日本人とばかり交流した場合、日本という、極限られた地域の人としかコミュニケーションが取れなくなります。
そうならないために、自ら様々な国や文化の人たちと繰り返し交流ができる場を探し、国や文化によって異なる英語の発音や訛り、ジョークやマナーなどを会話や交流を通して学ぶ必要があります。
海外旅行も効果はありますが、長い期間、できるだけ多くの異文化人と接し、日本語が通じない環境で話す勇気やコツを身に付ける必要があるため、海外旅行よりも、留学やホームスティ受入などがオススメです。


シェア
TOPへ戻る