グローバル教育に効果があるものは何?子どもの可能性を最大限に引き出そう

「グローバル教育」がなぜ子どもの将来に大切な役割を担うのか

日本限定ではなく世界を視野に

ビジネスに限らず、スポーツでも日本に留まらず、世界に目を向けることは大変重要です。
スポーツもビジネスも、その分野で自分が目指すトップをどこに置くかによって、そこを達成させるための過程が大きく変わってきます。
それは、日本という限られた中でしか勝負をしない人に、世界が注目をするかどうかと同じです。
スポーツでは、日本を飛び出し、世界で活躍する人が増えてきました。
また、ビジネスにおいても、国境という壁はほとんど感じなくなってきたこの時代には、世界での頂点を見据えていく必要があるでしょう。
日本での教育から学べることはたくさんありますが、世界視野で見た場合、ほんの一部にすぎません。
今まで日本の教育は、大学合格を目標としてきたところがありますが、世界と繋がる傾向の今、その教育も見直されてきています。
日本の教育がすべて悪い訳ではなく、日本の教育の価値観に固執しないことが重要なポイントといえます。

これからは勉強だけが評価基準ではない!

昔は特に、良い大学へ行き、大手企業に就職することが「優秀」とされていましたが、今では、日本でもそのような傾向が薄れてきました。
それは、決して優秀=人生の成功には繋がらないからです。
大学に合格するための教育は、ハイレベルな知識と集中力が養われますが、勉強以外の優先順位が下がるため、多様な才能や技能を持つ人と比べると劣ってしまいます。
欧米では、勉強ができる生徒を集め、単一的な大学を作るよりも、多様な才能を持った生徒を集め、複合的な大学を作ることで、大学にも学生にも相互に良い結果が出るとしています。
複合的な世界は、単一的な世界と比べ、様々な分野で活躍するための学びや刺激が豊富に存在します。
このように世界でも「グローバル化」が広がっているのに合わせ、日本でも、世界で活躍するためのグローバルな人材を育てられるよう高校や大学でも徐々に教育の改革が始まっています。


シェア
TOPへ戻る