子供のグローバル教育に海外旅行は効果的?

グローバル教育に効果があるものは何?子どもの可能性を最大限に引き出そう

多くの家庭で検討されるグローバル教育の必要性とは?

現代社会では、子どもたちが様々な情報機器に囲まれ、身近なものとして接しています。
これも、情報が瞬時に伝わるデジタル化やインターネットなどですぐに世界とも繋がれるグローバル化が進んでいるからといえるでしょう。
情報通信技術の発展や国際的な市場の開放などにより、グローバル化は日々着々と広がってきています。
この現象は、教育の分野においても変化を及ぼしています。
グローバル化が進む時代において、現代の子どもたちは、グローバル社会の中で必要とされるスキルを身に付けることが重要となってきます。
国際化社会の中で、自分の能力を発揮し、社会貢献するためには、テクノロジーの変化に対応し、知識と技術を更新し続けることが求められ、基礎知識の習得はもちろん、自ら課題を見出し、解決策を考え、判断し表現することが必要となります。
これらを習得するためには、日本のみならず、世界に視野を向け、異なる背景や多様な能力を持つ人々と協働し、異文化を理解してグローバルな環境で新たな価値を生み出すことがポイントとなってきます。
これらの状況を踏まえ、日本でも教員や子どもに接する大人が、ローカルからグローバルに考えることが大切で、子どもたちに世界との繋がりを意識できる場を多く設け、問題はあるか、なぜその問題は起きるのか、その問題を解決するためには何をする必要があるかを考えさせ、子ども自身が分析し創造する力を育てていくことが、未来の社会を生きるためには重要です。
グローバル教育がなぜ、将来の子どもの未来に大切な役割を担うかというと、学業を終え、社会に出た際には、「地球の一市民」ということが求められるからに他なりません。

「グローバル教育」がなぜ子どもの将来に大切な役割を担うのか

子どもを持つ親なら誰しも、子どもに幼い頃からできるだけたくさんのことを経験させ、将来の可能性を最大限に広げてあげたいと思うものです。 そんな中、「グローバル教育」が特に注目されている理由は、日本のみならず、世界中の社会全体で、グローバルな人材が求められるようになってきたからです。

これから必要なのは、英語?受験?グローバル?

現代の子どもは、学ぶべきものの種類や量も膨大で、たくさんの労力を強いられます。 これからは、世界と繋がる時代になってくるだけに、難しいお勉強だけでなく、世界と英語に触れる環境や、自分が日本人であり、地球市民であることを捉える感性を育むことが、将来の可能性を広げる1つのポイントとなってきます。

間違えてはいけない、英語教育

幼児教育の一環として英語教育に力を入れる親御さんも少なくありません。 それも、グローバル化が背景にあると言えるでしょう。 実際に、幼少期から英語に触れることは、とても良いことです。 しかし、間違えた方法の英語教育は、かえって英語嫌いにしかねません。 焦らず、少しずつ丁寧に積み重ねるイメージでやりましょう。

TOPへ戻る